月うさぎの住処

満月碧が運営する幽遊白書・飛影×蔵馬ファンサークル「玉兎」による幽遊白書メインのブログです、看板息子のスーパードルフィー飛影・蔵馬・妖狐・秀一・忌み児飛影もおります同人要素や人形の苦手な方はご遠慮下さい。


風は強く吹いている

  1. 2013/04/07(日) 12:01:03|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
この土日はずっと家にこもって原稿やってるんですが、外はすごい風ですね~;;昨夜は雨もすごかったけど;ヤフーの災害警報登録してるので、携帯に一晩で8個くらいアラートが来てましたよ;外に出られる方はお気をつけて~;;

で、原稿(下書き)はちょうど楽しい801シーンに突入中です(笑)楽しいけど、体描くのが難しいですね~;なかなか繋がって(笑)くれなかったりとか;;

さてさてそんな原稿の合間に本日の飛蔵妄想~

飛影が怪我して南野家を訪れるたびに、手当てした後「絶対安静」を口実に飛影を部屋に泊めて、さらに布団が1個しかないことを理由に飛影と添い寝するのを楽しみにしてる(笑)蔵馬。
で、毎度毎度飛影は上手いこと言いくるめられて「なんでこいつと…」とか思いながらも一緒に寝てるんだけど、だんだん蔵馬と一緒に寝るのも慣れてきて(はじめは他人と一緒に寝るなんて居心地悪いし、安心して眠れないしで、イヤだと思ってた)くっついてくる蔵馬の体温も悪くないな…とか思い始めて。
そんなこんなでいつものごとく1つベッドで並んで寝ていて、蔵馬がいつものごとく寄り添ってきたときに、ふと興味が沸いて、蔵馬にのしかかる飛影…
突然の行為にびっくりしながらも蔵馬も『ひ、飛影がこんなことするなんて予想外だ…っ(汗)で、でも…飛影が求めてくれるなら…オレ…あげちゃっても…(照)』なんて葛藤してる間に美味しく戴かれちゃって(笑)
それ以来飛影は怪我してくるたびにあま~い一夜を過ごして帰ったらいいなあと(笑)
飛影がそういうのに興味なさそうだからって油断して、鴨が葱しょって自分から据え膳してしまう蔵馬とか
楽しいです(笑)
いざとなると焦るんだけど、結局飛影のこと好きだから許しちゃう…みたいな(笑)
むしろ自分から積極的に(でもあくまで飛影から襲われるのを待つ感じで)間接的に据え膳すえておいて、ドキドキしながら飛影が来るのを待ってる蔵馬とかも可愛いなあ、と思います。
で、あまりに見え見えの据え膳に、わざと飛影が気づかないフリしてスルーして、「そんな…;」ってしょんぼりしてる蔵馬を見て「まったく…こいつは、頭いいくせにこういう所は抜けてやがるな…」って苦笑しながら据え膳に乗ってあげる、とかも楽しいです(笑)
スポンサーサイト

<<いつものまんだらけ | BLOG TOP | テレカ>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する