• 2018_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_05

月うさぎの住処

満月碧が運営する幽遊白書・飛影×蔵馬ファンサークル「玉兎」による幽遊白書メインのブログです、看板息子のスーパードルフィー飛影・蔵馬・妖狐・秀一・忌み児飛影もおります同人要素や人形の苦手な方はご遠慮下さい。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の飛蔵妄想♪

  1. 2014/04/05(土) 12:09:17|
  2. 小ネタ
  3. | コメント:0
また今年もエイプリルフールに乗り遅れたまま過ぎてしまいました;いつかネタやりたいな~と思いつつ、いつも当日まで忘れてて気がつけません;;

で、4月といえば、今年の幽白オンリーイベントのサークル参加申し込み締め切りが4月20日ですね~。参加予定の方は忘れないようにお気をつけて~
私もサークル申し込みしました~。今年は「玉兎」ではなく、ヒエザイルメンバー有志で合同飛蔵サークル「Hiezile type:XXX」(ヒエザイル タイプ トリプルエックス)名義で参加予定です~。
新刊頑張らねばです;あと2ヶ月くらいか~ペン入れ全然進んでないけどなんとかしないと;;今度こそちょっと厚めの本を出したいです!

で、本日の飛蔵妄想ネタなんですが~

遠距離恋愛中の飛蔵で、1ヶ月ぶりくらいに飛影が蔵馬の部屋を訪れて、行為の後、飛影は蔵馬が寝ているうちに部屋を出てしまって、後に残された蔵馬が目が覚めてお風呂に入りながら、「久しぶりに会ったのに、あっという間に帰ってしまうなんて…」ってちょっと凹みつつも飛影との行為を思い出して

「まだ飛影の感触が中に残ってる…さっきまで飛影がココに入っていたのに…今はもう空っぽなんだ…」って愛しさと切なさと寂しさとで狂おしい熱がこみ上げてきて、飛影の感覚を呼び覚ますように、思わず自分の指で中をなぞるんだけど、快感だけは得られても、飛影の熱には遠く及ばなくて、むしろ寂しくなってしまって
「…飛影……っっ」って泣きそうな声で名前を呼んだら、やっぱり同じように後ろ髪を引かれる気持ちで蔵馬の様子を邪眼で見ていた飛影がそれに気づいて引き返してきていて、
「……そんなに俺が欲しいのか?蔵馬」なんてひょっこり風呂場の窓から現れて、びっくりするやら恥ずかしいやら気まずいやらなんだけど、でも帰ってきてくれたのが嬉しくて、そのまま風呂場でもう一回愛し合っちゃえばいいと思います。
で、その後飛影はパトロールに遅刻して、こってり怒られるんでしょうけど(苦笑)

って昼間っから一人Hネタすみません(苦笑)


スポンサーサイト

<<グリーひえイベ | BLOG TOP | きゃらびい>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。