月うさぎの住処

満月碧が運営する幽遊白書・飛影×蔵馬ファンサークル「玉兎」による幽遊白書メインのブログです、看板息子のスーパードルフィー飛影・蔵馬・妖狐・秀一・忌み児飛影もおります同人要素や人形の苦手な方はご遠慮下さい。


休日の飛蔵妄想~

  1. 2014/11/23(日) 11:45:01|
  2. 小ネタ
  3. | コメント:0
休日恒例の飛蔵妄想~冬の気温差って美味しいなあと、
詳細はエロなので追記にて↓
指令か何かで二人で山にでかけた際に雨にふられて洞穴とかに雨宿りに逃げ込んだら、
ずぶ濡れで冷えきった蔵馬が飛影に「服が濡れて寒いな…飛影、火でも焚いて暖めて貰えませんか?」ってお願いするんだけど、
ずぶ濡れでシャツが透けてる上に、寒さで乳首が立ち上がっちゃってる蔵馬のエロい姿を見た飛影に
「それよりてっとり早く暖まる方法があるだろう」って押し倒されちゃって(笑)
濡れて張り付く冷たい布越しに飛影に胸に吸い付かれて、
「ちょっ…!?やめっ…あんっ…」なんて引きはなそうとするんだけど、じんわり伝わる飛影の唇の暖かさを感じて、温度差により敏感に反応しちゃって。
さらに「ここも冷えてるな…」なんて下半身をまさぐられて、
冷えたそこを体温の高い飛影の手に包み込まれて、純粋に気持ちよさに反応しちゃったところを口に含まれて、
冷えた皮膚の上を這う熱い濡れた舌の感触と、熱い口内に締め付けられて思わず「やあっ…飛影の口の中…熱いっ…」なんて口走っちゃったら
「さっきまで寒い寒いと言ってたくせに、今度は熱いか?わがままな奴だ」なんて飛影にからかわれて、
「まだ熱くなるのはこれからだぞ」
とか言われちゃうといいと思います(笑)
炎の妖気で体温の高い恋人と冬の温度差プレイ(笑)
スポンサーサイト

<<コメントお返事です〜 | BLOG TOP | 飛蔵理論>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する