• 2018_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_08

月うさぎの住処

満月碧が運営する幽遊白書・飛影×蔵馬ファンサークル「玉兎」による幽遊白書メインのブログです、看板息子のスーパードルフィー飛影・蔵馬・妖狐・秀一・忌み児飛影もおります同人要素や人形の苦手な方はご遠慮下さい。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の飛蔵妄想~

  1. 2014/11/30(日) 13:05:57|
  2. 小ネタ
  3. | コメント:1
本いつの飛蔵妄想、
お互い意識してるんだけど付き合ってはいない飛蔵で、ムカデに行ったら寝ぼけた飛影に襲われて、でも途中で目が覚めて~的なちょっとかっこ悪い妄想です、エロ全開なので追記にて。↓
お互い好きあってるんだけどお互いの気持ちに気づいてなくて、悶々としてる飛蔵で、
ある日ムカデの飛影の部屋を訪れた蔵馬、飛影はパトロール明けで爆睡していて、起こそうと思った蔵馬が寝ている飛影に手をかけると、ちょうど蔵馬の夢を見ていた飛影が寝ぼけて夢の続きと勘違いして蔵馬をベッドに引き込んで襲っちゃう。

蔵馬はびっくりしたものの、飛影に押し倒されるのはうれしくって、そのまま応じてしまい、飛影に押し入られ、どんどん高みに追い上げられて、絶頂寸前…ってところで、目が覚めて我に返った飛影が「な!?蔵馬?!なんでお前がここに!?…って…何だ!?この状況はっ!?」って驚いて行為を中断してしまう。

あまりに驚く飛影に「え…?オレだと分かってて抱いたんじゃないんですか!?」って慌てる蔵馬、飛影が間違って自分を抱いたんだと思い、惨めさになきそうになりつつも、気丈にこらえて、いまだ蔵馬の内部にとどまったまま(苦笑)の飛影に
「…いい加減に抜いてください…」って怒りも露わに言うと、「!?…あっ、ああ;すまん…今抜いてやる…」ってバツの悪い飛影は素直に応じるんだけど、さっきまで絶頂寸前まで高められている上に、まだイかせてもらってないから体がマックスに敏感になっている蔵馬は、抜こうとする動きに思わず感じてイキそうになってしまって
「…あっ…!!やっ…ちょっと待って!!」って飛影を止めて
「……ゆっくり…そっとして下さい…あ、あんまり勢いよく動かれると…その…(モゴモゴ)…」って真っ赤になりながらお願いする蔵馬に「あ、ああ、分かった…ゆっくりだな;」って改めてゆ~っくり引き抜こうとする飛影。
でもそのゆっくりの動きですら蔵馬にはすぎる刺激で、でも『さっきの攻められてる時ならまだしも、こんな間違いだと分かった後に、しかも抜かれてる時にイッてしまったら、オレはあんまりにも惨めじゃないか…絶対に耐えなくちゃ…!』
って懸命に声を抑えつつ、「…っ…う……んっ…くうっ……」って唇をかみ締めて、イってしまわないように耐えるんだけど、
そんな我慢している蔵馬の艶っぽいあえぎ声や反応を見て、飛影はむしろますます煽られてしまって、あと少しってところまで来たところで、思わず動きを止めてしまう。
『夢だと思っていたのが現実だった衝撃で、思わず言うとおりにしてしまったが…、よく考えてみれば、これは据え膳ってやつじゃないのか?
だいたいこいつも抵抗していなかったし、ここまで反応しているという事はまんざらでもなかった筈だ…、このままおとなしく引き下がる必要はないんじゃないか…?未遂ならまだしも、もう挿入ってしまっているんだ、いまさら止めたところで、後戻りはできんだろう……、ならばこのまま…』
って動きを止めたまま考え込んでしまった飛影をいぶかしんで、蔵馬が
「飛影…?どうしたんですか…?」って思わず気を抜いて飛影の顔を覗き込もうとした瞬間、抜き出しかけていた飛影が一気に奥まで突きいれてきて、力を抜いてしまっていたためにその衝撃に耐え切れず、思わずイッてしまう蔵馬。
「…あっ…!?ああああんっ……!!!」と嬌声を抑える余裕もなく、思いっきり鳴いてしまい、ハッと我に返り、『い、今…オレ…イッちゃった…!?』って愕然としている内に、息つく暇もなく、飛影が攻めあげてきて
「ちょっ!?やっ!やだあっ…!やめっ……」って抵抗しようとするんだけど
「煩い、お前もこんな中途半端では終われんだろう?本当は嫌でもないくせに…大人しく喘いでいろ」なんて飛影にからかわれてしまって、「!?!なっ…!?」って焦りつつも混乱に乗じて飛影に激しく攻められて、もう何がなんだか分からなくなった蔵馬は、なすすべもなく飛影にしがみついて翻弄され、もう一度最後までいってしまうといいです(笑)
結局最後までやっちゃった後、
「…寝ぼけて間違えて俺を襲ったくせに、なんでこんな…」って怒る蔵馬に、バツが悪い飛影は
「…チッ…お前も喜んでいたくせに、煩い奴だ…仕方ないだろう…いつもの夢だと思って抱いたら、本物だったんだ…驚くに決まっているだろう」なんて素直に白状して、
蔵馬も「…え…?それって…他の誰かと間違えたんじゃなくて…始めからオレを…?」って事の真相に気づいて
「……それなら…仕方ないから許してあげますよ……////でも、次からはちゃんと目が覚めてるときにして下さいね。」って真っ赤になりながら飛影に抱きついて仲直り、みたいな(笑)
かっこ悪い飛蔵妄想もたまには楽しいです(笑)おバカな内容ですみません(苦笑)
スポンサーサイト

<<ぷーちゃんぬいぐるみ | BLOG TOP | 続々と~>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/12/02(火) 13:50:08 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。