月うさぎの住処

満月碧が運営する幽遊白書・飛影×蔵馬ファンサークル「玉兎」による幽遊白書メインのブログです、看板息子のスーパードルフィー飛影・蔵馬・妖狐・秀一・忌み児飛影もおります同人要素や人形の苦手な方はご遠慮下さい。


休日の飛蔵妄想~

  1. 2014/12/07(日) 11:53:37|
  2. 小ネタ
  3. | コメント:1
休日の飛蔵妄想~。クリスマス時期ということで、皆でパーティーしてるときにこっそり二人で抜け出していちゃついてるといいな~という妄想です。
今回ももれなくエロなので追記にて(苦笑)↓
浦飯チーム皆でクリスマスパーティーか何かで、幻海師範の寺とかに集まって飲んでる時に、途中で蔵馬が少し酔いざましにと庭に出て一人で涼んでいたら飛影も騒がしい宴会から抜けてきて、
「あれ、飛影も来たんですか」
「来ちゃ悪いか。」
「いいえ」くすっ
「ふう、少し酔ったかな、暑い…」なんて襟元を弛めてパタパタ扇いでる蔵馬を見て、
飛影が「顔が赤いぞ」なんて言いながら頬をなぞり、酔いも手伝って思わずピクッと反応しちゃう蔵馬、
それを見て興がのった飛影が「ずいぶん敏感になってるな」なんて笑いながら蔵馬を木に押し付けて、際どいところを指でなぞり出すから
、「や…ダメです…ってば、こんな所で…」って慌てて蔵馬は引き剥がそうとするんだけど、つい体は飛影のイタズラに応え出しちゃって、
でも途中でパーティーを抜け出して来てた事を思い出して
「あ…ん…っ…そろそろ戻らないと皆が心配するから…」って艶っぽく息をあげながら飛影を押し退けようとするんだけど、蔵馬も飛影ももうのっぴきならないところまで高まってしまっていて。
「バカめ、ここまで来て途中でやめられるか。お前だってこのままじゃアイツらの所に戻れんだろう?」って下半身をなぞりながらからかうように言われて、反論しようにも蔵馬も自分の体が一人じゃどうにもならないのを感じて
「…もう…;貴方のせいなんですからね…バレない内に早く終わらせて下さいよ?」なんて文句いいながらも飛影に抱きついて先をねだる蔵馬
「チッ…仕方がない、譲歩してやる」
と蔵馬をひっくり返して木に抱きつかせ、蔵馬のズボンと下着だけを半分下ろして(あえてちゃんと脱がせないのがポイント(笑))後ろからのし掛かり、
「え…!?ちょっ…」と慌てる蔵馬の腰を抱え込むと
「時間がないんだ、少し手荒になるぞ。」
って強引に立ちバックで木に押し付けるように後ろから激しく攻め立てると
蔵馬の上着をたくし上げて胸まで露出させると後ろから手を回して、蔵馬を早く高めさせようと胸の飾りも同時に愛撫していく飛影。
蔵馬は体を支えるのに必死で木に爪をたてながら
「はっあっ…ん…っ!やあっ…激し……っ」
なんて声を上げるもんだから、飛影もますます煽られて、ますます性急に蔵馬を激しく攻めあげていく。
で、終わった後慌てて乱れた服を直して何事もなかったようにパーティーに戻った二人に、
「おう、お前らどこ行ってたんだあ?」なんて、まさかHしてたとは夢にも思わずノンキに聞かれて
「ちょっとね。」って苦笑しながらごまかす蔵馬と知らんぷりする飛影とかいいなあ。

皆が知らない間にこっそり抜け出してイヤラシイ事して何食わぬ顔で戻るってエロいなあ、と。
でもって時間がないから性急にちょっと雑な感じの扱いっていうのもたまには美味しいかと、(笑)
半脱ぎ蔵馬さんが文句言いながらも顔を赤らめて、木にすがって腰を揺らしながら(無意識に)喘いでるのとかエロ可愛いな~(鼻血)必要なとこだけ露出させられて、ちょっとはしたない格好っていうのがまたそそります。
スポンサーサイト

<<コメントお返事 | BLOG TOP | 今朝の夢>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/12/07(日) 21:17:33 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する