• 2018_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_08

月うさぎの住処

満月碧が運営する幽遊白書・飛影×蔵馬ファンサークル「玉兎」による幽遊白書メインのブログです、看板息子のスーパードルフィー飛影・蔵馬・妖狐・秀一・忌み児飛影もおります同人要素や人形の苦手な方はご遠慮下さい。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の飛蔵妄想

  1. 2015/02/03(火) 08:29:55|
  2. 小ネタ
  3. | コメント:0
今日は節分ですが、全然節分関係ない飛蔵妄想です(苦笑)

特に付き合ってるわけじゃないけ飛影が連日のように蔵馬の部屋にぶらりとやってきて何をするでもなく泊まっていく日が続いていて、
そんなある日、人間界で蔵馬が幽助と桑原くんと三人で集まった時に何気なく「そういえば最近飛影よく人間界に来ますよね、よっぽど魔界が暇なのかな。夜中にばかりくるから寝不足ですよ。」なんてぼやいたら、
「へ?飛影の奴なんかここ半年くらい見てないぜ?」
「俺は1ヶ月くらい前に魔界に手合わせに行った時に会ったけど、「下らんパトロールのせいで忙しい」ってボヤいてたぜ」
なんて二人に言われて、
『あれ…?他の皆の所には飛影来てないのか…おかしいな…それじゃあどうして俺の所にだけ……』って考えたら、飛影が忙しい中を連日自分の所に来る理由に気がついてしまって、なんとなく嬉しくて思わず顔がゆるんでしまいそうになるのをこらえる蔵馬。
幽助たちと別れた後、蔵馬が『もしかして今日も…』って慌てて家に帰り、ドキドキしながら部屋のドアを開けると
「今日は遅かったな…」なんて不機嫌そうな飛影が待っていて、その姿を見てなんだか嬉しさが込み上げてきて
「あ…スミマセン、幽助たちと集まってたんですよ…待ちました?」なんて嬉しそうなはにかんだような顔で弁解する蔵馬に、飛影も照れてしまって
「それより腹が減った、何か食わせろ」ってプイッとそっぽ向いて言う飛影に
「ハイハイ」って笑って食事の用意にとりかかる蔵馬…

みたいな、特に明確に付き合ってるわけじゃなくて、仲間以上恋人未満な感じなんだけど、何気ない態度で自分達が特別な関係なんだって感じられる飛蔵もいいな~と。
いつもの事だから気づかなかったけど、周りの皆に対する態度と自分に対する態度はちょっと違ってる事に気づいて、恋が深まって行くとか(萌)イチャイチャもいいけど、何気ない飛蔵も美味しいです〜。

以下コメントお返事です
ふうき様:
拍手ありがとうございます〜。飛影は言葉足らずでも行動でがんがん示して欲しいですよね!飛影に愛されまくってどんどんつやがまして美しくなっていって欲しいです(笑)でも確かに変な虫が寄ってこないか心配で飛影さんも大変ですね(笑)心の中で「蔵馬のヤツ、最近自分が艶っぽくなってるのに気づいてないからな…一人でうろうろさせんようにしないと…」ってヤキモキしてる飛影さんと、無頓着な蔵馬さんもいいですね(笑)
スポンサーサイト

<<本日の飛蔵妄想~ | BLOG TOP | 本日の飛蔵妄想>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。