月うさぎの住処

満月碧が運営する幽遊白書・飛影×蔵馬ファンサークル「玉兎」による幽遊白書メインのブログです、看板息子のスーパードルフィー飛影・蔵馬・妖狐・秀一・忌み児飛影もおります同人要素や人形の苦手な方はご遠慮下さい。


バレンタイン妄想

  1. 2015/02/14(土) 08:30:18|
  2. 小ネタ
  3. | コメント:0
今日はバレンタインですね〜、昨日、カラーチョコペンを色々貰ったので蔵馬を描いてみました。
1
かなり失敗気味点;のでこのあとスタッフが美味しく戴きました(苦笑)
あと、渋谷のヒカリエのバレンタイン催事でデコチロルがあったので、飛蔵セットつくってみました〜
2

で、今日はバレンタイン飛蔵妄想です〜

バレンタインデーに蔵馬に事前に呼び出されていた飛影が蔵馬の部屋で待っていると、仕事で少し遅くなった蔵馬がチョコのたくさん入った紙袋を抱えて帰ってくる。
毎年蔵馬にバレンタインのチョコの意味を聞かされてる飛影は、蔵馬が他の相手からチョコをたくさんもらってるのが気に食わず
「ほう…随分大漁だな。」
と不機嫌も露に皮肉ると、
機嫌を損ねた恋人の様子に「ヤキモチかな…」と内心ちょっと嬉しいながらも、これ以上機嫌が悪くなると後(夜)が恐いので、
「これは全部義理チョコですよ、仕事でお世話になったお礼…みたいなものですから」(なんて…まあ、中には義理に見せかけた本命らしきチョコも混ざってるんだけど(苦笑))と苦笑しつつ飛影を宥める蔵馬。

「ふん…どうだかな、お前も会社とやらで他の奴にもチョコ振り撒いてるんじゃないだろうな…」と機嫌の直らない飛影に、蔵馬はやれやれ…と笑って腕をのばし、飛影に抱きつきながら耳元で
「…安心して下さい、俺のチョコを食べられるのは飛影だけですから」と囁くと飛影の唇にチュッと音を立てて軽くキスをする、
蔵馬からのキスにやっと機嫌を直した飛影が蔵馬を抱き寄せ
「当たり前だ、お前のチョコもお前自身も、喰っていいのは俺だけだ…」とニヤリと笑って口づけると、そのままシーツの海に蔵馬を沈めた…

なんて感じで、女性社員からチョコ貰ってくる蔵馬に飛影がヤキモチやいたら楽しいな〜と。
もちろん、この後1ラウンド終わった辺りで「あ、順番が逆になっちゃいましたけど…」ってちゃんと蔵馬からチョコ貰って、二人でベッドの中でイチャイチャ食べた後に2ラウンド目に突入して頂きたいです(笑)
スポンサーサイト

<<飛蔵会とまんだらけ戦利品 | BLOG TOP | 朝からエロ妄想。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する