• 2018_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_08

月うさぎの住処

満月碧が運営する幽遊白書・飛影×蔵馬ファンサークル「玉兎」による幽遊白書メインのブログです、看板息子のスーパードルフィー飛影・蔵馬・妖狐・秀一・忌み児飛影もおります同人要素や人形の苦手な方はご遠慮下さい。


本日の飛蔵妄想〜

  1. 2015/02/21(土) 08:38:27|
  2. 小ネタ
  3. | コメント:0
今朝は何かまじめな幽白ドリームを見てたんだけど、目が覚めたとたんに忘れて、ギリイッ…!ってなってるところにグリー幽白イベで絶レイド朱雀に「永遠の眠りにつくがいい…!」って二度寝を推奨されながら泣く泣く出勤です(苦笑)

で、朝から電車の中で妄想してたんですが〜

蔵馬が飛影と毎晩のように妖気を交わすようになって、行為の度にだんだん互いの妖気が互いに入り混じりあっていっていて。
そんなある日蔵馬が人間界で皆と待ち合わせしてたら遠くから近づいてきた幽助たちに
「あれ?何だよ、蔵馬か~!妖気が飛影に似てたからてっきり飛影がいるのかと思ったぜ」「おお、遠くからじゃ分かんねえなあ」
なんて言われて、
自分では慣れてて気づかない内に、いつの間にか飛影の妖気をまとってたりしたら萌えます~

飛影は飛影で百足で躯や時雨に
「何だお前、その妖気…まるで狐じゃないか」って言われてビックリ、
隠しようがないくらいお互いに妖気が染み込んじゃえばいいなあ、と(笑)

で、蔵馬は飛影がいない時でも、自分の中の飛影の妖気を感じて、「ずっと飛影と一緒にいるみたいだ…」なんてちょっと嬉しく思いつつも、飛影の妖気から皆に自分たちの関係がバレるんじゃ;ってヒヤヒヤしてたりしたら可愛いです。(笑)
スポンサーサイト

<<そろそろ〜 | BLOG TOP | レタリングシート>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する