• 2018_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_05

月うさぎの住処

満月碧が運営する幽遊白書・飛影×蔵馬ファンサークル「玉兎」による幽遊白書メインのブログです、看板息子のスーパードルフィー飛影・蔵馬・妖狐・秀一・忌み児飛影もおります同人要素や人形の苦手な方はご遠慮下さい。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の飛蔵妄想

  1. 2015/10/03(土) 23:07:11|
  2. 小ネタ
  3. | コメント:0
今日の飛蔵妄想~♪
幽助達と集まって飲み会してる時に、恋話(主に桑ちゃんの雪菜ちゃん賛美と、幽助の螢子ちゃんの愚痴のようなノロケ)になった時に、ふと
幽:「そういや蔵馬って彼女とか好きな奴とかいんのか?」桑:「おお、蔵馬モテそうだもんな~高校生ともなりゃいるだろ?」
なんてお鉢が回ってきて
「…企業秘密です」って意味深にはぐらかす蔵馬に
「なんだよそりゃ!?白状しろやコノ色男~!」とか盛りあがる幽助と桑ちゃんをよそに、何故かモヤッとする飛影。
蔵馬の好きな奴が気になって仕方がない

幽助と桑ちゃんが酔い潰れたところで
「…おい、さっきの話だが…」って話をふるんだけど
「さっきの…?ああ、好きな相手がいるかっていう話ですか?」
「…いるのか?」
「…さあ、どうでしょうね…気になるんですか?」
「はぐらかすな、いるんだろう?誰だ!?」
「…仮にもしいたとして、聞いてどうするんです?」って維持悪く返されて
「気に入らん、そいつを殺す。」って物騒な事を唸るように低く呟く飛影を見て、蔵馬がくすくす笑いながら
「ああ、じゃあ教えられませんね、貴方に自殺されちゃ困りますから」って愉快そうに言う蔵馬に、一瞬意味がわからなくて首を傾げる飛影なんだけど、ハッとその意味に気づいて
「…貴様…っ!」って赤くなるとかいいなあ。
スポンサーサイト

<<新刊できました〜 | BLOG TOP | 原稿進捗>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。